佐用共立病院共立記念病院やすらぎの家さようヒルハウスひとは
 
共立記念病院は、山の緑に抱かれた星の都佐用町を一望できる高台に位置し、旧朝陽ヶ丘荘の跡地を利用し、新設された療養型病院です。
この病院は、隣接の急性期病院である「佐用共立病院」と、在宅医療に関わる「やすらぎの家 さよう」、「訪問看護室」の中間的な施設です。地域社会に協調して、地域住民の皆様の充実した健康管理の確立を目指すことが、私たちの掲げる病院理念のひとつです。
私達はこの病院を、地域の皆様に愛され役立つ病院として、これからいっそう努力し育てていきたいと思います。
 
共立記念病院は、全て療養病床の病院です。医療保険で入院できます。
療養病床の病院というのは、急性期病院(佐用共立病院など)と異なり、病状の安定してこられた患者様が、家庭での療養ができるようになるまでの間、診療が受けられる病院です。
入院期間は原則2ヶ月です。
 
【開院】
【病床数】
【病室数】
【区分】
【院長】
【建物の構造】
【敷地面積】
【建物面積】
【内容】


平成13年11月1日
50床
18室
療養病棟(入院基本料)
中島 晃
鉄筋コンクリート造 平屋建
15,006u
2,254u
医 師  2名
1日当たり6名の看護職員、6名のケアワーカーが勤務しています。
<リハビリの提供> 脳血管疾患等リハビリテーション(V)
          運動器リハビリテーション(U)
佐用共立病院と密接な連携をとり、医療サポートを行っています。